2012年

4月

02日

奨学金1万人滞納に思う

2012年3月17日 朝日新聞の記事を読んで。

 記事によると、日本学生支援機構(旧日本育英会)の奨学金制度で、返還滞納者の個人信用情報機関への登録が1万件を超えたという。いわゆる「ブラックリスト化」(回収強化のため、10年度から3カ月以上の滞納者の情報を信用情報機関に登録し始めた。)だ。

 

 機構は、2010年度末時点で123万1378人に総額1兆118億円を貸し出し、3カ月以上の滞納額は約2660億円に上る。

 

一度登録されると、返し終えても5年間残り、クレジットカードや住宅ローンの利用が制限される可能性がある。

 

 機構の奨学金は大学生の3人に1人が借りている最もポピュラーな貸与奨学金であり、第二種予約奨学金はほぼ採用されるので安易に申し込みがちだ。 

 

しかし、大学を卒業しても就職できない時代。奨学金を借りるときはしっかり勉強して卒業することは当然、その後の就職も視野に入れ1年から就職の準備も始めてほしい。

 

What's New

 

<最新情報>

What's New!

 

<無料です>

お問合わせはこちらから

無料メルマガ

 

フェイスブック

https://www.facebook.com/fpmasaya.niimi