2013年

5月

06日

奨学金はいくら借りたらいいか?

奨学金をいくら借りたら良いか悩んでいませんか?

私立大学文科系の学費は月平均8万円程度です。

 

このように学費を月平均に直すといくら借りたらよいか判断できます。

 

日本学生支援機構の第二種奨学金の貸与額に5万円と8万円があります。

 

5万円を選択した場合3万円不足します。

 

不足分は親の支援を受けるか、学生自身がアルバイトで賄うことになります。

 

アルバイトで賄う場合本当に可能ですか。

 

上記の例では文科系ですので比較的予定通りにアルバイトできるかもしれません。

 

しかし、理科系は研究、芸術系は製作作品などで文科系ほどアルバイトに時間を割くことができ

 

ません。

 

この点をしっかり確認しないとマネープランがうまく実行できません。

 

アルバイトをマネープランに組み込むためには、志望校のオープンキャンパスなどで学生のアル

 

バイト事情などを十分リサーチすることが大切です。

 

こんな考え方もできます。

 

上記の例で、アルバイトする前提で5万円ではなく8万円を借りるのです。

 

アルバイトが予定通りできればその分貯蓄をして卒業時にその分をまとめて返済するのです。

 

一番いけないのはアルバイトに頼り過ぎて中途半端な金額を借りることです。

 

借入額を少なくするためにアルバイトをするという消極的な考えであれば、アルバイトをせずそ

 

の分学業に打ち込んだらいかがでしょうか。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

What's New

 

<最新情報>

What's New!

 

<無料です>

お問合わせはこちらから

無料メルマガ

 

フェイスブック

https://www.facebook.com/fpmasaya.niimi