2011年

10月

18日

入学金払い済み後に利用できる教育ローン

大学等の入学時納付金を自己資金で支払ったがその後予想外の出費で資金繰りが厳しくなったら。

AO・推薦入試の場合、高校3年の秋には合格が決まります。合格が決まると2週間以内には入学手続き時納付金として60万円~80万円程度が必要になります。

 

このお金を自己資金で納付した後に家計の支持者が急に病気などになり生活費のやり繰りが苦しくなった場合、生活費には教育ローンは利用できませんが、自己資金で納付済みのお金でも教育ローンを利用できることをご存じですか。

 

つまり、60万円~80万円を自己資金で支払った後に、このお金を教育ローンとして借りることができるのです。

 

教育ローンは他の無担保ローンに比べ金利が低いのが特徴なので、教育ローンが入学金等払い済み後に利用できればぜひ活用したいものです。

 

このような仕組みを持っている教育ローンは資金使途の項目のところに条件があります。

 

たとえば、みずほ銀行の場合は「教育関連資金を既に自己資金でお支払い済みの場合、納付書、領収書等によりお支払いの確認ができ、支払い後1ヵ月以内のお申し込みに限りご利用いただけます。」となっています。

 

教育ローンにこのような仕組みを知っておくと役に立ちます。

 

 

 

 

What's New

 

<最新情報>

What's New!

 

<無料です>

お問合わせはこちらから

無料メルマガ

 

フェイスブック

https://www.facebook.com/fpmasaya.niimi